Home[English] Home[Japanese] 小田研究室ホーム [学科 Home]

MFCによるOpenGLプログラミング (Visual C++を利用)

1.遠視図の設定を行う( gluPerspective()関数による設定 )


void ViewSetting(GLint w,GLint h)
{
	glMatrixMode(GL_PROJECTION) ;
	glLoadIdentity() ;
	// gluPerspective( 視野角度[deg],  アスペクト比(ウィンドウの幅/高さ), 
	//		描画する距離範囲(視点から最も近い点までの距離), 視点から最も遠い点までの距離);
	gluPerspective(60, (GLfloat)w/(GLfloat)h, 0.5, 15.0) ;
	// glViewport( 左下のピクセル座標X, 左下のピクセル座標Y, ウィンドウ幅,高さ );
	glViewport (0, 0, w , h) ;
	glMatrixMode(GL_MODELVIEW) ;
	glLoadIdentity ();
	return;
}

void CGlSampleView::OnSize(UINT nType, int cx, int cy) 
{
	CView::OnSize(nType, cx, cy);
	
	// TODO: この位置にメッセージ ハンドラ用のコードを追加してください
	
	ViewSetting(cx, cy);
	
}
		

2.標準の座標系を理解する.視点を決める( gluLookAt()関数による設定 )

3.照明を設定する( glLightfv()関数による設定

4.平面を描画する関数 DrawPlane(),直方体を描画する関数 DrawBox()

4.3Dオブジェクトを描画してビルドして実行.